産後うつの正しい症状を知って二人で乗り越えよう|心療内科を受診

青空と女性

うつ病の対策

看護師

出産後は要注意です

うつ病は、何らかの環境の変化をきっかけに発症することがあります。例えば、出産です。出産後にうつの症状が見られる場合には、産後うつとして治療が行なわれるのが一般的です。治療は多くの場合、心療内科などで行われます。また、一部の精神科ではこの手の産後うつを治療の対象にしているのが最近の傾向です。産後うつは一時的な症状と思われがちですが、症状が長引くと深刻なうつ病へと発展してしまうことがあるため注意が必要です。産後うつの場合には、治療においても難しい面があります。一般的なうつ病の治療で用いられる抗うつ剤の中には授乳中は使用出来ないものがあるため、産後うつの方は薬の選択肢が狭くなるのが常です。心療内科や精神科の医師は、状況を踏まえながら漢方薬を始めとする影響の少ない薬を選んで処方します。産後うつの治療を受ける場合は、このような注意点を心得ておくことが必要です。出産の後の女性は、身体的にも環境的にも大きな変化に直面します。ですので、心身が変化についていけない場合があるのが問題です。特にホルモンバランスの乱れは心の不調を招く大きな要因となるため、産後うつの大きな誘因となります。新しい生活で生じる様々なストレスも見過ごせない負担です。

心理療法を利用します

薬が使用しにくい産後うつの治療においては、心理療法を利用するというのも一つの方法です。心療内科や精神科の中には、こういった心理療法を設けている所があります。専門医やカウンセラーが中心となり、日頃の生活上の問題などを把握していくのが心理療法の特徴です。ストレスを減らせるよう、具体的なアドバイスを行なうこともあります。こういった療法が功を奏せば、使用する薬も減らすことが可能です。産後うつは、一人で問題を抱え込みがちなことが発症の原因となります。ですので、専門医やカウンセラーと対話する機会を持つことは、悩みや不安を相談する一つのきっかけとなってくれるのがメリットです。育児に関するアドバイスを受けることも可能で、生活面でも様々なプラスが得られます。うつ病は、発想の転換を時に必要とする病気です。心理療法では、物事の捉え方を変えるためのコツもマスター出来ます。従って、考えの閉塞しがちな産後うつの治療では特に期待出来るアプローチ法です。専門家の治療を受けていれば、万が一重症化の兆しが見られた場合でも早めに対処することが出来ます。家族の協力も得られやすくなるため、病状の悪化を防げるのが大きな魅力です。