産後うつの正しい症状を知って二人で乗り越えよう|心療内科を受診

青空と女性

産後のうつの症状

カウンセリング

意外に多い産後のうつ

出産後、病院を退院するとすぐに赤ちゃんの世話に追われ、多くのお母さんたちは睡眠不足や不慣れなことで疲労困憊気味になりがちです。こうした状態はほとんどのお母さんが経験するものですが、それだけでなくイライラしたり気分が落ち込む、不眠、全てのことに興味がわかない、不安にとらわれるといった症状がみられたら、産後うつの可能性があるとされています。産後うつは、その字のごとく産後に現れるうつの症状のことです。産後うつになる原因の1つは、出産後に大きく変化する女性ホルモンの影響によるものと言われています。さらに、そこに育児へのプレッシャーや不安、睡眠不足等のストレスが重なることでこの病気を発症すると考えられているのです。産後うつになる人の割合は以前は1割程度とみられていましたが、ここ最近増え続けており、現在は2割にも達すると報告されています。これは核家族化が進んだこと、また仕事を持つ女性が増えたことで、仕事・家事・育児と負担が大きくかかり、精神的に追いつめられやすくなったことが指摘されています。産後うつは出産後、2週間から3週間頃から発症する人が多いとされていますが、中には数ヶ月経ってから症状が起こる人もいるなど個人差が大きいようです。以前は、産後うつという言葉自体があまり知られていないこともあり、症状があっても我慢してしまうという傾向がありましたが、現在では不安があればすぐ病院を受診することが推奨されていることから、今後は積極的に受診する人が増えていくと考えられています。

その対策は

産後うつは決して稀な病気ではなく、誰もがかかる可能性があるものです。そこで、できるだけ出産前から産後うつの対策を考えておくことが最大の予防となると言われています。対策のまず一番大切なことは、なにもかも1人で抱え込まず、夫や親族、友人に助けを借りることです。この病気にかかりやすい人は、完璧主義者が多いとされています。しかし、生まれたての赤ちゃんの子育ては完璧にはいかず、またそのため他の家事や仕事にも影響が出て、できるはずのものができない環境に追い込まれます。これは仕方ないことですが、完璧主義者には納得がいかずストレスとなって産後うつを発症することがよくあると言われているのです。今は完璧にはできないことが当たり前と切り替え、必要な時には手助けを求めるように心がけることが大切です。次の対策は、育児本や育児に関する情報を鵜呑みにし過ぎないことです。初めての子育てには、育児本やネットの育児情報は大変参考になると人気ですが、これらはあくまでも一般論であったり平均的な成長過程の例でしかないのです。赤ちゃんの個性は多彩で、これらの情報通りとはいかないのが普通です。それでももし不安を感じた場合は、出産した病院や地域の保健師に相談することが推奨されています。ほとんどの不安が、これで解消することができるとされているのです。