産後うつの正しい症状を知って二人で乗り越えよう|心療内科を受診

青空と女性

産後のメンタルケア

笑顔

食事療法も緩和テクの1つ

メンタルクリニックを受診する女性の中に、産後うつに悩む女性も急増しています。症状を緩和させるための知識として、周囲のサポート体制が最も重要となり、育児や家事を頑張るママの環境を改善させ、頑張らせない環境作りをパパやご家族が提供するフォローが緩和に繋がる研究データが報告されています。産後うつ病は通常のうつ病と異なり、周知されている率が少なく、放置しやすい心の病気としても問題視されています。母子が二人きりの密室育児となる環境から、幼児虐待などへ結び付くケースも少なからずあり、その背後には産後うつが関与しています。また、女性ホルモンとの関連性もあり、 ホルモンバランスが乱れる産後は、どうしてもうつ病を発症しやすくなります。夫やご家族が産後すぐに母体を労ることにより、女性は安心と信頼からメンタルヘルスの不調を招きにくくなる魅力があり、夫婦の絆を深められるテクニックでもあります。うつ病では、ストレスを溜め込むことが症状を悪化させてしまいやすく、緩和させるにはメンタルクリニックで胸の内を吐き出すことが最も肝心です。しかし、赤ちゃんを抱えている女性の場合、なかなか足を運ぶことが難しく、家庭でできる療法が注目されています。例えば、魚を多く摂取することにより、産後うつ病の発症リスクを下げられる研究結果が報告されています。家族が食卓を囲む食事療法によって、普段の食事からコミュニケーションが図れ、会話からストレスが発散でき、症状を自然な流れの中で緩和できます。

病気を共有できる

メンタルクリニックなど、専門性の高い病院に行くほどの症状ではないと軽視しやすいのが、産後うつ病の問題点と言われています。近年、出産後の育児や家事に追われる女性に対し、メンタルクリニックでは足を運びやすい場所に相談窓口を設けるサポートに努めてくれており、軽い症状の女性から支持を集めています。保健所や役所などにおいては、育児アドバイザーや心理カウンセラーなどの専門家や専門医を招き、無料にて相談できるサービスを提供しています。産後うつ病では、現在の状態を話すことにより、気持ちにゆとりが生まれるなど、悪化しやすいメンタル面を軽くできる内容です。また、同じ悩みを共有できるセミナーやサークルなども人気を集めており、一生懸命子育てしている女性の勲章となる病気を防ぐため、自らが体験した内容を拡散させ、産後うつ病への理解や発症の減少率を下げる取り組みも加速しています。さらに、セミナーやママさん主催となるサークルなどにおいて、神経質になる気持ちがうつ病を招きやすいことから、イクメンとなる旦那さん主催となるサークルやセミナーなども展開するなど、周囲の理解不足を補うサポート内容も支持を高めています。その結果、社会でも子育てとの両立が図りやすくなったり、育児に積極的に参加する男性も増え、支える側も支えられる側も負担が軽減されるため、こうした支援の輪が人気を呼んでいます。