産後うつの正しい症状を知って二人で乗り越えよう|心療内科を受診

青空と女性

育児の妨げになる症状

医者の女性

出産後に見られる体の変化

うつ病を発症してしまう人は多いですが、環境だけでなく体の変化でうつ病が見られこともあります。その1つに出産が挙げられ、これは出産によって女性ホルモンのバランスが急激に乱れてくるため、体や心がこれに反応して起こってしまいます。この出産後に見られる症状を産後うつと言い、このような症状に悩む人はたくさんいます。産後うつの具体的な症状は、過剰なほどのイライラや大きな不安に、体を動かすことも億劫になってきます。産後は育児の世話が想像以上に大変な作業となり、出産後は体力も低下しているため、連日の作業は大きな負担となります。赤ちゃんの泣き声や睡眠不足などで精神的にもまいってしまうことが多く、産後うつになってしまうとさらに辛くなってしまいます。産後うつを発症してしまった女性は、育児もまともにできなくなり、周りから見れば「ダメな母親」と思われがちです。しかし、それが産後うつの女性をますます苦しめてしまうので難しい病気なのです。産後うつの場合は、心の不安を取り除くためにも精神面で治療をしてくれる病院が改善の手助けとなってくれます。育児のストレスや体力の低下も辛いことですが、それをさらに辛くしてしまうのが産後うつです。家族の理解も得ながら、治療を始めていくのも今後のために必要なことです。

具体的な治療

産後うつの治療は、投薬やカウンセリングによるものです。投薬では、抗うつ剤などが使われ、これで心の乱れを改善していきます。母乳育児をしている場合には薬の服用に抵抗を感じてしまいますが、薬によっては問題ないこともあるので医師と相談しておきます。カウンセリングは、専門のカウンセラーや医師と会話をすることで気分もよくなっていきます。育児中は家で赤ちゃんと2人きりの生活が続く場合も多いので、他人と会話をすることはストレス解消にもなります。ただカウンセリングはただの会話ではなく、専門的な面から心の状態を緩和していく効果があるので行われます。定期的な流れから患者の様子も分かるので、効果的な治療法なのです。産後うつは育児中に発症してしまうこともあって、放置してしまう人もいるかもしれません。しかし、この症状をそのままにしていれば、ひどいうつ病になってしまう可能性も充分にあります。そのことも考えて積極的に治療を受けていくようにし、治療中や休憩中は他の家族や支援機関に育児を手伝ってもらうようにしましょう。治療中もそうですが、育児を頑張りすぎることはかえって産後うつを悪化させてしまいます。休めるときに充分に休んで、ストレスをなるべく溜めずに、無理なく治療を受けていくことが大切です。