産後うつの正しい症状を知って二人で乗り越えよう|心療内科を受診

笑顔の女性

産後のメンタル面の変化

妊娠中の女性

パートナーへの情報提供

妊娠・出産は、女性のみが体験できる内容ですが、近年、頑張り過ぎや女性ホルモンのメカニズムから、産後うつに悩まされる女性が相次いでいます。心理カウンセラーに相談するなど、通常のうつ病同様、適切なケアが重要視され、メンタルクリニックへの通院は心身の安定を図れると、注目度を高めています。女性の産後うつに関して、知識や同性の立場などから、女性の心理カウンセラーがうつ病の見抜き方や注意点を情報として連携する産婦人科などで提案しています。セミナーを開講したり、パンフレットを配布するなど、産後のうつ病への対策が加速していますが、さらに近年では、女性への対策や予防、緩和方法などをアドバイスすることと同時に、パートナーとなる男性への情報を知る術を指導していく方針です。出産後は、パートナーとなる男性も家族も、お見舞いに来る方々も、自然に赤ちゃんに目がいきがちですが、出産後の女性の身体に気を配ることも大切です。労いの言葉やスキンシップは、パートナーである男性が唯一できる緩和法となります。また、出産した女性のみならず、近年ではパートナーとなる男性の2割程度が不安や心配などのメンタル面で弱くなるなど、うつ症状を訴える傾向にあり、子育てと仕事の両立など、重圧感が原因と言われています。医療業界において、男性の産後のうつまでを視野に入れたサポート体制を強化する取り組みも現在、スタートし始めています。

育児に参加する利点

産後、数週間から数ヶ月以内に気分が落ち込み、不安感に襲われ、自分自身に価値がないと責めるなど、心に偏りが出る症状が現れ、その症状が2週間以上続く場合、産後うつの可能性があります。産後女性の約2割程度がうつ病と診断されるデータも報告されており、状態を放置してしまうことにより、悪化傾向が見られる心の病です。産後うつになりやすい女性の特徴には、責任感が強く、完璧主義な方が多い傾向にあり、頑張り過ぎないことが症状緩和には必要と言われています。また、精神科などに赴き、話すことでストレス発散になるため、クリニックに足を運ぶことが症状とストレスを溜め込まない2つの事柄に作用します。さらにパートナーに求められることが、家事や育児に参加することにあります。積極的な参加は、逆に自分を必要としていないのではないかと言う心理が働くため、サポート内容は些細なことからスタートします。参加する工夫1つで、自然と女性を思いやれて、頼りにされるなど、育児を通して信頼関係がさらに強固なものに変化します。女性側も気持ちが楽になり、症状が緩和しやすくなり、男性側も辛さやキツさなど、女性がどのような環境におかれているのか理解ができ、今後、産後うつから回復した後の育児への参加が楽に行える利点を挙げることができます。

育児の妨げになる症状

医者の女性

出産後の女性は、女性ホルモンの変化から産後うつになる人が目立ちます。身体や心に不快感を感じてしまうことや、どうしようもない不安感が出てきてしまうので、育児をするのも辛くなってしまいます。このような産後うつは、専門病院での治療で改善していけるので、放置せずに前向きに受けていくようにしましょう。

うつ病の対策

看護師

うつ病は、様々な変化を抱えやすい出産後に発症することがあります。このような産後うつは、心療内科や精神科での治療の対象です。使用出来る薬が限られる産後うつの場合には、心理療法を利用すると様々なメリットが得られます。

産後のうつの症状

カウンセリング

産後うつは産後の女性ホルモンの変化や育児へのプレッシャー、睡眠不足等が重なることで発症します。以前は症状があっても我慢する人が多いとされていたが、今では積極的に受診する人が増えてきているのです。産後うつを防ぐには手助けを借りること、不安があれば医師や保健師に相談することが推奨されているのです。

産後のメンタルケア

笑顔

産後うつ病は、育児や子育てにおいて理解してもらえない気持ちや、母体に対する労いが見られないなど、寂しさを感じて孤立するなど、1人で頑張り過ぎる気持ちから発症してしまいやすい傾向にあり、理解できる環境や場所の提供が支持を集めています。